再評価の流れ -3-

音楽ナタリー。日本の音楽史に残るアーティストの功績を音楽的な側面からたどる本連載。初回で取り上げるのは、5月16日に死去した西城秀樹だ。“ヒデキ”が歌謡曲史に残した爪痕を[…]本記事より引用。

音楽偉人伝 第1回 | 西城秀樹(前編) – 音楽ナタリー




音楽ナタリー。前回は1970年代に若き情熱で日本を焼き尽くした“ヒデキ”についてお伝えしたが、今回はその後編。80年代以降の大人になった艶やかなヒデキに迫ってみよう。本記事より引用。

音楽偉人伝 第2回 | 西城秀樹(後編) – 音楽ナタリー




サンケイスポーツ。「寺内貫太郎一家」で秀樹さんと共演した作曲家の小林亜星(85)は書面でコメントを寄せ、「歌い手として素晴らしい人だった事は勿論ですが、彼はミュージシャンとしても特別な凄みを持った[…]本記事より引用。

寺内貫太郎一家、悲しみの声…小林亜星「全く世の中どうかしてる」




zakzak。デビュー40周年を迎えたサザンオールスターズが、2年10カ月ぶりにライブを開催する。『サザンオールスターズ キックオフライブ2018「ちょっとエッチなラララのおじさん」』[…]本記事より引用。

【時代のサカイ目】昭和歌謡界の革命児 西城秀樹と桑田佳祐 (1/2)




田中 稲さん。大阪の編集プロダクション・オフィステイクオーに所属し『刑事ドラマ・ミステリーがよくわかる警察入門』(実業之日本社)など多数に執筆参加。個人では昭和歌謡・ドラマ、都市伝説[…]プロフィールより引用。

忘年会のカラオケシーズンに備え 西城秀樹の名曲を歌い愛を叫べ!




梅田恵子さん。東京都生まれ。89年入社以来、芸能・社会を中心に取材。テレビおたく、ドラマおたくの立場から勝手な好みで毎クールのドラマを採点する「勝手にドラマ評」も9年目。プロフィールより引用。

ローラ派ヤングマン派…訃報で分かる各局のヒデキ愛




川﨑麻世さん。僕が芸能界にデビューしたのは、テレビ番組で西城秀樹さんのモノマネをしたのがきっかけ。それを見たジャニー喜多川さんにスカウトされて、芸能界に入った[…]本記事より引用。

以前は歌わなかった昔の曲を歌っています/川﨑麻世




尾形靖博さん。『HIDEKI NHK Collection 西城秀樹 ~若さと情熱と感激と~』が発売中だ。ベテランプロデューサー・尾形靖博の忘れられない初期衝動、まさに情熱と感激をDVDに刻印した渾身作。本記事より引用。

尾形靖博 「HIDEKI NHK Collection 西城秀樹~若さと情熱と感激と~」インタビュー




ミッツ・マングローブ。ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、「西城秀樹さん」を取り上げる。本記事より引用。

ミッツ・マングローブ「ヒデキと踊ったカラーの時代」 (1/2)




井形慶子さん。作家、ジャーナリスト、隔月刊「ミスター・パートナー」雑誌編集長、(社)日本外国特派員協会会員
東京とロンドンを行き来しつつ、イギリスの生活文化、住宅、クラフト[…]プロフィールより引用。

お話を伺うたびに思考の深さ、表現力の豊かさに驚かされました。




週刊女性PRIME。歌手の西城秀樹さん、63歳。その最後の入院は、家族との最後の時間のためだけに秀樹さんが残りの力を振り絞った時間だった。所属事務所関係者は「入院は知り[…]本記事より引用。

西城秀樹さんの『傷だらけのローラ』は、大好きなイギリスロックが原点だった




Re:minder。二度の脳梗塞に侵されながらも不屈の精神で厳しいリハビリを続け、ようやくステージへ立てるまで回復したことなど、何度もニュースで取り上げられていた… 実に無念である。本記事より引用。

西城秀樹 — たて髪を振るい歌え!若き獅子たちよ




海野慎介さん。私はまだ20代なので、全盛期をリアルタイムで知らないのですが、以前に懐メロのオムニバスCDを買ったところ「激しい恋」と「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」が収録されて[…]本記事より引用。

「いい大人」がノリノリ… 衝撃的だった西城秀樹さんのディナーショー




婦人公論.jp。西城秀樹さんの突然の訃報から1年……。5月16日は西城さんの一周忌に当たります。実は、2度目の脳梗塞から復活された2013年、弊誌で森昌子さんとの対談が実現していました。かつて[…]本記事より引用。

西城秀樹+森昌子「絶望との闘いと、明日への思い」|芸能|婦人公論.jp




Scroll Up